チャーシューをつくる。

喜多方ラーメンのおみやげ麺をいただいたので,チャーシューをつくって彩りを添えることにしました。

塩を振って軽く水抜き。

我が家に伝わる秘伝のタレを準備。

保温調理器に水を入れて沸騰させます。

ちょっと早いけどいいや。

タレにお肉を投入。

タレがこぼれても大丈夫なのように二枚重ねにしてイーン!

あとは蓋をしめて待つだけです。

でーきた,できた。

ちょっと火が入りすぎ(^_^;)

メンマも仕込んでおいてトッピングです。

その後はおつまみ。脂身がうまいから困ったもんです。この方法の難点は復路が鍋肌にふれると溶けてしまうこと。タレを少ない量で肉に密着させつつ,仕上げるにはどうしたらいいんでしょ。次回の課題です。
スポンサーサイト

Comment 2

mer

チャーシューですが

美味しそうですねぇ~
私の場合は真空パック機で作りました。
真空パック用の袋は耐熱用のものがありますので是非オススメです。
どれも99度くらいまで大丈夫だったような。
タレも少量で済みますし真空による効果もアリだと思います。
保温調理はもちろんそのまま冷凍保存からの、加熱保温もOKです。
加熱する際、鍋肌の溶けもよほど小さな鍋でない限り気になりません。
参考までに真空パックでチャーシューの記事
http://blog.livedoor.jp/megfish60/archives/1712227.html
真空パック機で製麺とチャーシュー
http://blog.livedoor.jp/megfish60/archives/1709861.html

2013/09/29(Sun) 07:44

Edit | Reply | 

よはん

merさん、こんにちは!

さすがです!参考にします!ありがとうございます!

2013/09/29(Sun) 09:28

Edit | Reply | 

What's new?